マネージド ID を利用して Azure AD サインイン アクティビティ レポートを CSV ファイルで取得する PowerShell スクリプト

Last Update: feedback 共有

こんにちは、 Azure & Identity サポート チームの平形です。

以前、Azure AD のサインイン アクティビティ レポートと監査アクティビティ レポートを Azure AD Graph API を経由して取得するスクリプトを紹介しました。今回はスクリプト内にクライアント シークレットや証明書の情報を記載しなくてもよい方法として、マネージド ID を使用したレポート取得方法と共に、いくつかのサインイン ログ・監査ログを取得するサンプルをご用意いたしました。

マネージド ID は特殊なサービス プリンシパルであり、このサービス プリンシパルを用いて認証を行うには Azure 内部のみアクセス可能な特殊なエンドポイントにアクセスする必要があります。通常のサービス プリンシパルと同じように RBAC を設定することで Azure 各種リソースへアクセスが可能になる一方、サービス プリンシパルと異なり明示的に証明書やクライアント シークレットをスクリプト内で指定する必要はございません。

そのため、コード内に資格情報を埋め込むリスクや証明書漏洩のリスクを考慮する必要がなくより、セキュアな運用が可能です。

マネージド ID については下記公開情報をご覧ください。

Azure リソースのマネージド ID とは
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/managed-identities-azure-resources/overview

なお、今回ご紹介しているサインイン ログを取得するスクリプトは Azure AD Premium P1 ライセンス以上のライセンスがテナントに対して 1 つ以上必要です。

マネージド ID を使用したレポート取得方法

A. 事前準備 - マネージド ID を有効化します

Azure Virtual Machine を 1 台デプロイします。デプロイ後、スクリプトを実行する Azure Virtual Machine のマネージド ID を有効化します。以下の手順に従って、マネージド ID を有効化します。

Resource Manager で VM にリソース グループへのアクセスを許可する
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/managed-identities-azure-resources/tutorial-windows-vm-access-arm#grant-your-vm-access-to-a-resource-group-in-resource-manager

上記公開情報記載の「Resource Manager で VM にリソース グループへのアクセスを許可する」の手順実行後、オブジェクト ID を記録しておきます。

B. 事前準備 - サインイン ログ取得に必要な権限をマネージド ID に付与して付与します

以下のコマンドを実行し、マネージド ID に対して Graph API および Azure Active Directory に対するサインイン ログ読み取りに必要な権限を割り当てます。下記コマンド実行には Azure AD for Graph (Azure AD v2) が必要です。

インストールしていない場合には Azure Active Directory の PowerShell モジュール を参照しインストールください。

1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
# グローバル管理者でサインインします。
Connect-AzureAD

$graph = Get-AzureADServicePrincipal -Filter "AppId eq '00000003-0000-0000-c000-000000000000'"
$auditReadPermission = $graph.AppRoles | Where-Object Value -Like "AuditLog.Read.All" | Where-Object AllowedMemberTypes -contains 'Application' | Select-Object -First 1
$directoryReadPermission = $graph.AppRoles | Where-Object Value -Like "Directory.Read.All" | Where-Object AllowedMemberTypes -contains 'Application' | Select-Object -First 1

# A. の手順で確認したマネージド ID の Object ID を以下の <ObjectID> 部分に代入します。
$msi = Get-AzureADServicePrincipal -ObjectId <ObjectID>

New-AzureADServiceAppRoleAssignment -ObjectId $msi.ObjectId -PrincipalId $msi.ObjectId -ResourceId $graph.ObjectId -Id $auditReadPermission.Id
New-AzureADServiceAppRoleAssignment -ObjectId $msi.ObjectId -PrincipalId $msi.ObjectId -ResourceId $graph.ObjectId -Id $directoryReadPermission.Id

C. サインイン ログの収集 - スクリプトの編集と実行

以下のスクリプトを右クリックして保存し、マネージド ID を有効化した Azure Virtual Machine 上の C:\SignInReport 配下に保存します。

Sample-GetSigninActivity.ps1

保存後はファイル エクスポート先等適宜編集ください。既定では過去 7 日のログを、スクリプトを実行したカレント ディレクトリ上に outfile.csv という名前で保存します。

D. 参考情報 - スクリプトのフィルターの書き方について一例

上記サンプル スクリプトはサインイン アクティビティ レポートを出力するスクリプトですが、 URL (クエリ パラメーター) を編集することで様々なログの取得が可能です。

例: 特定のリスクが検出されたサインイン イベントのみ抽出したい場合は、以下のフィルターを追加します。

1
(riskState eq 'atRisk' or riskState eq 'confirmedCompromised')

例: 特定期間のサインイン イベントのみ抽出したい合は、以下のように具体に日時を指定してフィルターを追加します。

1
(createdDateTime le $currentdate and createdDateTime ge $prevdate)

日時の形式は 2019-12-08T00:00:00Z といった形式にする必要があります。スクリプト内で実行するのであれば、例えば以下のようなコマンドが考えられます。

1
2
# 現在日時を取得
((Get-Date).ToUniversalTime()).ToString("yyyy'-'MM'-'dd HH':'mm':'ss'Z'").Replace(' ', 'T')
1
2
# 現在日時から前日の値を取得
((Get-Date).ToUniversalTime()).AddDays(-1).ToString("yyyy'-'MM'-'dd HH':'mm':'ss'Z'").Replace(' ', 'T')

また、フィルター条件として、特定の OS からのアクセスを抽出したい場合、以下のようなフィルターを追加します。

1
(startswith(deviceDetail/operatingSystem, 'Ios')

クエリ パラメーターについては以下の公開情報を参照ください。

クエリ パラメーターを使用して応答をカスタマイズする
https://docs.microsoft.com/ja-jp/graph/query-parameters

その他、 Graph API を実行する際の便利なツールなど

Graph API を利用するツールは他にも様々用意がございます。

Graph Explorer

視覚的に分かりやすく、必要な権限付与も行いやすいため URL が正しいか等を確認するのに最適です。

Graph Explorer
https://developer.microsoft.com/ja-jp/graph/graph-explorer

Az コマンド

事前に Az コマンドをインストールする必要はありますが、今回のようにスクリプトを用意せずに実行することが可能です。CLI ベースで確認されたい場合にはこちらをご利用ください。az rest コマンドを使用することで、任意の HTTP リクエストを作成し、取得することが可能です。

Azure CLI のインストール
https://docs.microsoft.com/ja-jp/cli/azure/install-azure-cli?view=azure-cli-latest

az コマンドについての公開情報
https://docs.microsoft.com/ja-jp/cli/azure/reference-index?view=azure-cli-latest#az-rest

Graph API の公開情報

Graph API を実行する際には事前に権限付与が必要な場合があります。例えば今回のサインイン ログの場合は以下の公開情報に記載のある通り、監査ログに対する読み取り権限が必要です。実行する Graph API ごとに要求される権限が異なるため、公開情報から実行する Graph API に必要な権限を確認し、実行するアプリケーション、もしくはユーザーに権限付与を行ってください。

List signIns
https://docs.microsoft.com/en-us/graph/api/signin-list?view=graph-rest-1.0&tabs=http

「Application AuditLog.Read.All and Directory.Read.All」という文言から、アプリケーションがこの Graph API を実行するにはこれらの権限が必要なことが分かります。そのため事前準備でこれらの権限をアプリケーションに対して付与しました。

今回紹介しました方法にてお客様の要件に合わせて適宜フィルター条件を追加したり、整形しやすく出力することが可能です。
以上の内容が、Azure AD 上のサインイン ログを長期的に保管する際に是非ご活用ください。

※本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。